Kiryu Craft Story

クラフトマンシップが息づく街で

江戸時代から現代に至るまで、150年に渡って日本の布づくりをリードし続ける繊維産業の街・桐生。 最先端のテクノロジーとデザイン、長い伝統のなかで培われた職人の技芸。 それらが混じり合って、クラフトマンシップを刺激する。

 

桐生の地で織物がはじめられたのは、今から1,300年以上前だと言われる。 その後、江戸時代には「織都」として繁栄。 明治時代になると産業化によって世界に開かれ、 激動の昭和には桐生の繊維産業は最盛期を迎えた。

時代が移り変わっても、赤城山をはじめとする美しい緑と桐生川と渡良瀬川の清流、 この街に生きる人々が育むクラフトマンシップは変わらない。 伝統を色濃く残しながら、最先端のデザインとクリエイティビティを追求するクリエイターたちにとって、静かな聖地となっている。

 

クラフトのいまを更新し続ける桐生とは。

201118_3360.jpg

STORY

201116_2051.jpg

Craft & Culture

クラフトのいまを更新し続ける

職人が集まってできたこの街に、いまも若いクリエイターたちが集う。

その一方で、100年以上続く老舗が新しいブランドを立ち上げ、最先端のクラフトのありかたを提案している。桐生で生まれる現在進行形のデザインとクリエイティブを知る。

201117_2930.jpg

Tradition &

Architecture

いまを生きるレトロ建築

「織都」として知られた桐生には、服づくりのためのノコギリ屋根をはじめ、江戸から明治、大正にかけての建物が数多く残されている。この街に暮らす人々は、そんなレトロ建築を大切にしながら、現代生活のなかに融合させている。

201116_0830.jpg

Landscape

街のなかで自然を楽しむ

吾妻山を通勤前に一歩きして、街の風景を一望する。渡良瀬川沿いをジョギングしながら、紅葉を楽しむ。鳴神山では貴重な生態系すら垣間見る。

──桐生は、街のなかにいながらにして、本格的な自然に触れることができる場所だ。

ARTICLE

LOCATION

 

GALLERY

 

More Information

Link to Kiryu City Chamber of Commerce.p
link to ebay.png
link to readyfor.png
〒376-0023 群馬県桐生市錦町三丁目1番25号
TEL 0277-45-1201 FAX 0277-45-1206